縄文と沖縄-火焔型土器のシンボリズムとヒスイの道

9:00~18:00
※金・土は20:00まで
※入場は閉館の30分前まで

https://okimu.jp/exhibition/1521360138/

内容 1万年以上にわたって続いた縄文時代は、高度な土器工芸や石材利用技術の発達に特徴づけられる時代でした。
本展覧会では、縄文人が生み出した数々の文化の中でも、縄文土器の代表例として知られる火焔型土器と、縄文人が珍重したヒスイをテーマとして、土器に込めた縄文人の思いや、驚くべき長距離に及んだ縄文時代の交易ネットワークに焦点をあてます。

約5千年前の縄文時代中期に誕生した火焔型土器は、信濃川流域を中心に新潟県下に分布し、その造形は日本の美術史上、特筆する存在となっています。また、新潟県糸魚川市周辺から産出するヒスイは、縄文時代前期以降、日本各地に広く流通し、はるか沖縄の島々にまで運ばれたことが知られています。燃え上がる火焔のような土器の造形に、人々はどのような願いを込めたのでしょうか。はたまた、神秘的に輝くエキゾチックな緑の玉石に、人々はどのような思いを抱いたのでしょうか。
本展覧会を通して、原始芸術のもつ野生的かつ豊饒なイメージと、縄文人のしなやかな生態を紹介するとともに、縄文のエナジーを身近に体感できる機会を提供します。
料金 一般1,100円(880円)、高大生 600円(480円)、小中学生300円(240円)
※( )は前売および20名以上の団体料金
※障がい者手帳をお持ちの方、および介助者の方1名は当日料金の半額
お申し込み ミュージアムショップゆいむい
コープあぷれ
ローソンチケット(Lコード81342)
お問い合わせ

沖縄県立博物館・美術館(おきみゅー)

TEL:098-941-8200

施設のページをみる

沖縄県立博物館・美術館
〒900-0006
沖縄県那覇市おもろまち3-1-1
http://okimu.jp
博物館企画展示室・特別展示室1・2
TOP