映画「作兵衛さんと日本を掘る」

このイベントは終了しました

KBCシネマ:2019年7月6日~7月25日
セントラルシネマ大牟田:2019年7月6日~7月18日

https://www.sakubeisan.com/

1964 年、オリンピックの喧騒を遠くに感じていた労働者の見た風景は、2020 年、変わっているのだろうか?
内容 山本作兵衛さん(1892-1984)は福岡県の筑豊炭田で、幼い頃から働いた生粋の炭坑夫でした。自らが体験した労働や生活を子や孫に伝えたいと、60 歳も半ばを過ぎてから絵筆を握り、2000 枚とも言われる絵を残しました。 作兵衛さんが炭鉱の記録画を本格的に描き始めたのは、石炭から石油へというエネルギー革命で、国策により炭鉱が次々と消えていくさなか。その裏では原子力発電への準備が進んでいました。 作兵衛さんは後の自伝で「底の方は少しも変わらなかった」と記しました。その言葉から半世紀。彼が見続けた「底」は今も変わらず、私たちの足元に存るのではないか? そんな思いを胸に『三池 終わらない炭鉱(やま)の物語』(2005)の熊谷博子監督が、作兵衛さんの残した記憶と向き合い、日本の近現代史を描き出す意欲作!105歳になる元おんな坑夫の人生や、作兵衛さんを知る人々の証言を通じ、この国の過去と現在、未来を掘る!ゴットン!
料金 全国共通鑑賞券1,300円
お申し込み KBCシネマ(7月25日まで上映)
セントラルシネマ大牟田(7月18日まで上映)
お問い合わせ

オフィス熊谷

E-MAIL:info.hirokokumagai@gmail.com
特記事項 KBCシネマにて7月25日まで上映
セントラルシネマ大牟田は7月18日まで

施設のページをみる

KBCシネマ1・2
〒810-0071
福岡県福岡市中央区那の津1-3-21
http://kbc-cinema.com/
TOP